アートプラットフォーム「FRAME00」は効率的なサービス開発のため、フロントエンドの仮装DOM実装にRiot.jsを採用しました。
新たに公開したバージョンは、Riot.jsの公式サイト「Made With Riot」に掲載されています。
新しくなったFRAME00を、ぜひご覧ください。
プラットフォームURL

 

Made with Riot